仮想通貨でセミリタイアを目指す!

仮想通貨でサラリーマンセミリタイアを目指す。Jリートと株主優待も

銀行・クレジット・保険・証券会社

生命保険はソニー生命かライフネット生命か?

2018/01/18

ソニー生命、ライフネット生命、全労災、県民共済とこれまで生命保険会社を同一条件で比較してみました。

私の場合、定年前に死亡した事を想定して家族にお金を残すのが目的なので、掛け捨てではありますがリターンが大きいので定期保険が適しています。

いつ死亡するかわかりませんからね。

car

全労災、県民共済などの共済は保険金額が低いのと期間も10年しかないので却下です。であれば、ソニー生命かライフネット生命か?の2択です。もちろん、この他にも保険会社は多くあると思いますが、仕事も忙しい身で調べる時間も限られているので今回はこの2社で決めます。

35歳・20年・保険金額5,000万円だと、ソニー生命は9,850円、ライフネット生命は10,925円です。年間1.3万円、20年で26万円の差がでます。1年でみると大した差ではないですが、20年ですと26万円は結構でかいです。

支払い金額ではソニー生命がお得でした。

では、会社はどうなんでしょ?20年なのでその途中会社が潰れてしまったら元も子もありません。しかも掛け捨てなのでお金は返ってきません。これは困ります。とはいえ、ソニー生命とライフネット生命、20年で潰れるのはどちら?などと予測してもムダですよね。そんなことわかるはずもありません。上がる株、下がる株を予測できない株式市場と同じことです。ソニーの方がライフネットよりも規模がはるかに大きいから安心というのも大して説得力がないと思います。

よって、ここは勘!それしかない。で、

結論としては私はソニー生命に決めました!

決め手はもちろん支払い金額が少ない点です。会社としてはどちらも大して違いはないと思ってます。個人的にはソニーは20年後もあるとは思っています。20年後は金融会社になっていたりして。何の根拠もないタダの勘ですが。

といことでソニー生命に決まりました。ソニー生命に連絡すれば担当者が家に来てくれるそうなので、またレポートしたいと思います。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
【仮想通貨をはじめる人必見!】

binance アルトコインを始めるなら世界一のバイナンスで

おすすめ海外取引所

  1. バイナンス・・・超おススメ!バイナンスは仮想通貨でもはや常識!
  2. ビーボックス(Bibox)・・・草コインがめちゃ豊富!一番アツイのがここ!
  3. クリプトピア(Cryptopia)・・・草コインがめちゃ豊富!草コインの定番!
  4. クーコイン(Kucoin)・・・日本語対応。バイナンス上場前の草コインを探せ!

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

-銀行・クレジット・保険・証券会社
-,