仮想通貨(アルトコイン・草コイン)

仮想通貨 Aigang(AIX)とは?わかりやすく解説します!

2018/02/17

どうも、仮想通男です。仮想通貨 Aigang(AIX)がクーコイン(Kucoin)に上場しました。Aigangとはどんな仮想通貨か?将来性について調べてみたので解説します!

Aigang(AIX)とは

Aigang(AIX)が仮想通貨取引所のクーコイン(Kucoin)に上場しました。

Aigangとはブロックチェーン上のデジタル保険サービスです。DAOやスマートコントラクトを使用したIotやスマートデバイスの向けの保険サービスです。

ちなみに「Aigang」は「アイガン」と発音します。

こういうのって本当に難しいよね。難しい言葉が一杯でてきて正体がよくわからない(笑)

こちらがAigangの動画です。英語ですが絵を見てれば何となくわかるかも。

下記に保険がかけられるようです。

  • スマホのバッテリー
  • ドローン
  • 自動運転車
  • IoT家電

完全自動化された保険

簡単にいうと、例えばスマホのバッテリーにAigangの保険をかけておいて、もしスマホのバッテリーが壊れたらAIXで支払われるというようなサービスです。仮想通貨は選択できるのか、AIX固定なのか?

画期的なところは、故障したことを自動で検知して勝手に保険が支払われるような仕組み。全自動!保険金の支払いはAIXで、保険金自体ももちろんAIXかな。仮想通貨なんですね。

今の保険は事故が起きたら自分で電話して様々な面倒な手続きをして保険がおりますが、そういった手続きがほぼないというのが特徴ですね。(※手続きは保険会社になるのであくまでも推測)

IoTでいうと、テレビが壊れたら勝手に保険金が支払われるってことです。テレビが故障したらAIXで支払われて、利用者はAIXをビットコインにして、ヤマダ電機でビットコインで支払ってテレビを買うみたいなイメージ。(この保険が普及するころには仮想通貨が普及しているはず)

それが車にも。今の車ではダメですが、自動運転する車をターゲットにしています。自動運転する車はもちろんインターネットにつながっているので、家電と同じ扱いで保険がかけられます。

車が故障個所を自動で分析して自動でブロックチェーンにつなげ、即座に保険が支払われる。これって将来的には、車をぶつけたときに、車から下りて「あー、ぶつけてしまったー!」なんて途方に暮れているときに、「保険を支払いました!」とスマホにメールが届く速度感ですよ。

Aigangはまさに次世代の保険!

これができたらすごいけど、おそらく将来的には間違いなくこの方向性になるかと思います。だってインターネットですべてつながるんですもの。インターネットにつながるということはブロックチェーンにアクセスできるってこと。そりゃこうなるよね。

となればマーケットは確実にありますよね。Aigangは先行者になれるのか?ってところがポイントですね。

Aigang(AIX)の参考情報

Webサイト https://aigang.network
テレグラム https://t.me/joinchat/FkZtERGQ1qUEU7iAzC6xVQ
ツイッター https://twitter.com/aigangnetwork
拠点 シンガポール
取引所 クーコイン
トークンタイプ Ethereum ERC20
価格 68円(2018/2/16時点)
発行済み/上限 0.179/0.293億
時価総額 1,136ドル(2018/2/16時点)
順位 456位(2018/2/16時点)

 

Aigangはシンガポールが拠点。時価総額は456位とかなり低く、これからのコインです。AIXの価格は現在68円前後です。さあ、いくらになるのでしょうか?化けたら凄そう。

Aigangのアプリとは?

AigangのアプリはすでにEthereum Testnet環境で稼働中のようです。

参照:https://platform.aigang.network/insurer.html

パートナー、ロードマップ

Aigangはすでにいくつかの企業とパートナーとして提携しています。

またロードマップも提示されており、将来が楽しみであります。

2018年の予定は下記のとおり。

  • 2018年 1Q・・・ベータバージョンをリリース
  • 2018年 3Q・・・Ver1.0をリリース(開発プラットフォーム、API)
  • 2018年 4Q・・・Ver2.0をリリース(機械学習、リアルタイム価格アルゴリズム、解析プラットフォーム)
  • 2019年 1Q・・・Ver3.0をリリース(開発用SDK提供)
  • 2019年 2Q・・・Ver4.0をリリース(完全自律型保険)

2019年2Qで完成するようなロードマップですね。1年以上も先のことなので、長期投資になります。

注意すべきリスクというのは、やはり開発が途中で頓挫してしまうこと。次世代の保険なので時間がかかることです。気長に投資すればいつか花開くみたいな感じでしょうか。

大金持ちになる人ってこういう案件に早くから目をつけて投資するんでしょうね。

Aigangのまとめ

Aigang(AIX)はブロックチェーン上で保険サービスを全自動で行う次世代のサービスです。次世代の保険サービスなのですぐに何か始まるわけではないけれど、将来がとても楽しみではあります。

ロードマップを見てわかるとおり、動き出すのは来年なので、長期案件です。でも注目されてからでは遅いので、Aigangを仕込むなら今のうちかもね。

Aigangはクーコインで購入できます。クーコインで口座開設がまだの人はこちらから。

クーコイン(KuCoin)に口座開設する手順・方法

それでは!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
【仮想通貨をはじめる人必見!】
おすすめ国内取引所

  1. ビットフライヤー・・・定番中の定番。はじめての人はまずここから。セキュリティも高く、初心者に超おススメ!
  2. コインチェック・・・豊富な通貨で定番の国内取引所。リップル、ネムも買える!

binance アルトコインを始めるなら世界一のバイナンスでbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おすすめ海外取引所

  1. バイナンス・・・超おススメ!バイナンスは仮想通貨でもはや常識!
  2. ビーボックス(Bibox)・・・草コインがめちゃ豊富!一番アツイのがここ!
  3. クリプトピア(Cryptopia)・・・草コインがめちゃ豊富!草コインの定番!
  4. クーコイン(Kucoin)・・・日本語対応。バイナンス上場前の草コインを探せ!

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

-仮想通貨(アルトコイン・草コイン)
-, ,