仮想通貨(アルトコイン・草コイン)

仮想通貨 OmiseGo(OMG)とは?わかりやすく解説します!

2018/02/25

どうも、仮想通男です。仮想通貨 OmiseGo(OMG)とはどんな仮想通貨か?将来性について調べてみたので解説します!

仮想通貨 OmiseGo(OMG)とは

OmiseGo(OMG)は仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)をはじめとした多くの海外取引所に上場しています。日本の取引所では買えないね。

お店ゴー?日本語?何?

OmiseGo(OMG)とは日本発の決済サービスです。仮想通貨は色々な種類があり、中には「通貨」とはいえないものあってややこしいですが、このOmiseGo(OMG)は本当の意味での通貨です。OMGで支払いをしたり、送金をしたり・・・正統派コインです。

こちらが OmiseGo(OMG)の動画です。日本の人もいるので英語がわからなくてもある程度概要はつかめるかも。

OmiseGoはイーサリアムベースなので、それと関係あるのかわかりませんが、運営の人はイーサリアムのTシャツを着ていますね(^_^)/

OmiseGo(OMG)の参考情報

Webサイト https://omisego.network/
テレグラム https://t.me/OmiseGo
ツイッター https://twitter.com/omise_go
ホワイトペーパー JPNwhitepaper.pdf
拠点 シンガポール
取引所 Binance、Bittrex、Huobiなど多数
トークンタイプ Ethereum ERC20
価格 1,787円(2018/2/24時点)
発行済み/上限 1億/1.4億
時価総額 17億ドル(2018/2/24時点)
順位 21位(2018/2/24時点)

 

OMGは現在21位なのでかなり高い順位にいる有名アルトコインの部類です。すでに海外取引所でも多数取り扱いがありますね。

また仮想通貨の未来予測をしているWebbotが2018年にOMGが中国関連で高騰すると予測しています。つい先日、タイと締結しましたので・・・期待できますね。(^o^)

OmiseGo(OMG)のチャート

OMGの価格は現在1,800円前後です。これまでのチャートを見ると、BTC建てでは9月に0.00299BTCまで上昇し、その後暴落して12月に底打ち、今は横ばいでが続いている状態で、0.00172BTCあたり。

ここからどうなるのか?好材料でたら一気に跳ねそうな感じですね。

 

OmiseGo(OMG)のサービス

OmiseGo(OMG)はすでにタイをはじめとした東南アジアではすでにOmisePaymentとして使用されています。東南アジアでは日本のように誰でも銀行口座やクレジットカードが作ることができるわけではないため、誰でも使用しているスマホで決済ができる電子決済の需要が高く、そこにOmisePaymentが使用されているようです。

https://www.omise.co/ja

仮想通貨のOmiseGOでは、OmiseGOネットワークを通じて誰もが支払い、送金、給与振込、B2B コマース、サプライチェーンファイナンス、ロイヤリティプログラム、資産管理、トレード、その他のオンデマンドサービス等の金融トランザクションを分散型かつ安価な形で実行できるようになります。

パートナー

OmiseGo(OMG)はSBIや三井住友銀行などから投資されております。日本のネット銀行&都市銀行という、心強い後ろ盾があるということですね。

しかもイーサリアムの開発者Vitalik Buterin氏がアドバイザーとなっているという鉄壁ぶり!OmiseGo(OMG)のツイッターをみると、Vitalik氏がちょこちょこ登場します。中央のガリガリ君がVitalik氏で右隣がCEOの長谷川氏。

しかし、Vitalik氏はもう少し食べた方がいいのでは?やせすぎでしょ。

つい先日、タイ政府と国民ID、日本でいうマイナンバーの開発で合意したようです。国策ってすごくない?

このように、OmiseGo(OMG)はパートナー・アドバイザーにかなり手堅いバックアップがあります。これは安心につながりますね。

 

ロードマップ

OmiseGo(OMG)のロードマップは下記のとおり。

2018年の予定は、OmiseGoのSDKとDEXをリリースします。DEXというのは分散取引所のことですね。OmiseGoを直接買えるようにするってことかな。

リスク

注意すべきリスクというのは、そんなに見つからない・・・(笑)。競合の出現ですかね?

OmiseGoのまとめ

OmiseGo(OMG)は仮想通貨を使用した決済サービスです。

東南アジアではすでに利用されているサービスで、それが仮想通貨に移行していくイメージです。ほかの仮想通貨と違い、すぐに利用できそうなお手軽感があります。イメージしやすいというのはスケールするにはプラス材料かと。

仮想通貨はこれからどうなるかわからない未知の仮想通貨がほとんどですが、OmiseGo(OMG)は地に足のついた仮想通貨といったイメージです。

ツイッターをみても運営は結構活発に動いています。実際、タイと国民ID開発で締結したり進んでいることがわかります。そしてWebbot銘柄でもあります。

それを考えると、将来性はかなり高く、オイラは買いだと判断して少しずつひろっています。もちろん長期で。2018年末が楽しみですねー(^o^)

OmiseGo(OMG)はバイナンス(Binance)で購入できます。バイナンスで口座開設がまだの人はこちらから。

バイナンス(BINANCE)で口座開設したので方法・手順でも

ではでは。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
【仮想通貨をはじめる人必見!】
おすすめ国内取引所

  1. ビットフライヤー・・・定番中の定番。はじめての人はまずここから。セキュリティも高く、初心者に超おススメ!
  2. コインチェック・・・豊富な通貨で定番の国内取引所。リップル、ネムも買える!

binance アルトコインを始めるなら世界一のバイナンスでbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おすすめ海外取引所

  1. バイナンス・・・超おススメ!バイナンスは仮想通貨でもはや常識!
  2. ビーボックス(Bibox)・・・草コインがめちゃ豊富!一番アツイのがここ!
  3. クリプトピア(Cryptopia)・・・草コインがめちゃ豊富!草コインの定番!
  4. クーコイン(Kucoin)・・・日本語対応。バイナンス上場前の草コインを探せ!

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

-仮想通貨(アルトコイン・草コイン)
-,